SUPERSIX

三連休で230㎞ほど走りましたので、簡単なインプレでも書いとこうかと思います。

インプレというよりは乗り慣れてきたときに最初はこうだったな~と思い出すためのメモみたいなものです。



10月6日(金) 納車

received_1144643392336574.jpeg

ちなみに1日遅れの自分への誕生日プレゼント←

写真の状態で6.86kg


【スペック】
フレーム:cannondale SUPERSIX EVO HI-MOD(サイズ:50)
ホイール:Campagnolo Bora one 35(TU)
タイヤ:specialized s-works turbo allround 2 tubular(24C)
ハンドル:cannondele C1 Compact(400mm)
ステム:cannondale C1(100㎜)
ヘッドパーツ:?
シフトレバー:Shimano ULTEGRA ST-8000
ブレーキ:Shimano ULTEGRA BR-8000
FD:Shimano ULTEGRA FD-8000
RD:Shimano ULTEGRA RD-8000
クランクセット:Shimano ULTEGRA FC-6800(34-50T)170㎜
スプロケット:Shimano ULTEGRA CS-6800(11-25T)
チェーン:?
ペダル:Shimano DURA-ACE PD-9000
サドル:Fizik ARIONE 00
シートポスト:cannondale save carbon
サイコン:Pioneer SGX-CA500
バーテープ:Fizik Superlight Classic Tape
BB:BB30A→Shimanoクランクに変換
パワーメーター:Pioneer ペダリングモニター SGY-PM910V




前のバイクからパワーメーター付きの旧アルテグラのクランク(FC-6800)を移植しています。

知らない方もいらっしゃるみたいなのでちょっと説明します。

パイオニアのパワーメーターは一度クランクに取り付けると外すことができません。

正確に言うと別のクランクに付け替えることが出来ないんです。


DSC_1329.JPG

実は新型アルテグラのクランク(FC-R8000)も購入しているんですが、こちらはリドレーの方に取り付けています。

パワーメーターをFC-6800からFC-R8000に移し替える事は出来ないんです。

なので現在、
キャノンデール⇒新型アルテグラ一式に旧型クランク
リドレー⇒旧型アルテグラ一式に新型クランク
という状態になっています。

いつになるか分かりませんが、新型クランクにパワーメーターをつけてコンポの型式を統一する予定です。


まずは平坦について。
納車の翌日に北野練に参加しています。
前のバイクとポジションを合わせてもらっているので最初に乗ってみた時も違和感は無し。
走り始めてゆっくり走る分には大きな変化は無いように感じました。
ある程度スピードを出せる道に出て少し踏んでみる。
まずは加速に驚きました。
36㎞/hまでなんの抵抗もなくスーッと上がる。
そこから37~40まではちょっときっかけを与えてやれば自分ではなくバイクが持っていくようなイメージ。
40以上の巡航も自分が踏んでいる以上にバイクが前に進もうとする。
40㎞/hをキープしようとしたときの脚へのダメージがまるで違いました。
ボーラを買った時によく進む、よく転がるという感想を持ちましたが、今回はそれ以上に進み方の違いを体感できました。
北野練では人の後ろにつくのが楽だという感覚はあんまり感じなかったつもりなんですが、脚を回すのを止める事が多かったです。
最終周までの脚を残すこともできたので自分の中では進むバイクだというのが一番の感想です。
その性能に心肺が追いつかず呼吸が苦しい場面が多かったのが少し残念でした。


続いて登りです。
その翌日にパラボラ朝練に参加しています。
先に率直な感想を書いておくと平坦ほどの進みやすさは感じませんでした。
特に前日の北野練で納車後初のライドにも関わらず気持ちよく走れたので、そのギャップで余計に進まない(登らない)という印象が強かったのかもしれません。
これについては慣れるしかありません。
フェニックス(リドレー)では3時から4時にかけて踏み込むのが自分の中でベストな登り方でした。
もっと言うと5時まで粘っても登ってくれます。(一般的に効率の良くないペダリング)
同じイメージで踏んでもスーパーシックスだと登ってくれませんでした。
ただ日曜と月曜で3000m弱登って少し分かってきました。
緩斜面をケイデンス高めで回している時に味わったことのない進み方がありました。
後ろから押されていると言うよりは前から引っ張られている感覚。
逆に斜度のキツい坂になると前よりもペダルに重さを感じるようになりました。
慣れるまではスプロケを25→28に変更しておくのありかもしれません。
踏んだ時に感じる重さ=バイクの剛性(硬さ)だとしたら…やはり慣れですね。

平坦も登りも効率の良いペダリングを意識するとよく進んでくれるような印象です。
踏むよりも蹴りだす方を意識すると良い感じでした。


それともうひとつ良かったのがカーブの曲がりやすさ。
自分は下りがアレなんでゆっくりではあるんですが、前よりも狙ったラインを通れるようになったと思います。
平坦も同様で、内側に倒れそうとか外側に吹っ飛びそうとかいうのがかなり少なくなった感覚です。
バイクの前後のウェイトのバランスが自分の中で
フェニックス 前3:後7 に対して、スーパーシックス 5:5
この辺が曲がりやすいと感じる要因なのかなと思っています。
理由はどうあれ曲がりやすいのでOK!


沖縄までにバイクに乗り慣れるためにできるだけ乗り込みたいところです。
特に斜度のキツい登りを気持ちよく進めるようになりたいですね。
posted by zono at 20:20Comment(0)日記