北野練

10月21日(土曜)

北野練に参加。

先週の日曜~金曜は全く乗れてなかったのでアップのために先ずは高良大社まで。

DSC_1361.JPG

思っていたよりも体が動く。

脚も心肺も悪くなく、Max198bpmまで上げる。



DSC_1362.JPG

参加は13名。(1班7名、2班6名)

2班はタカイさん、グッチさん、次男ブーさん、ワタナベさん、スギさん、自分


往路強めの向かい風、復路追い風

往路で先頭を牽く機会が多く、300~320Wキープで36~38km/hくらい。

あまり無理せずに長くても片道の半分程度で交代。

復路はそこそこスピードが上がって人によって42~45km/h


先週乗れなかった事で逆に良くて、疲労が抜けて調子が良かったです。

走ってる時の頭の中、思考が調子のいい時の感じでした。

復路(追い風)の先頭で余裕があっても、もう1回追い風で楽しときたいから順番考えて早めに降りとこうとか計算できる余裕もあり。

余力残して10周目の復路。

先頭からタカイさん、自分、次男ブーさん、ワタナベさん、スギさん、グッチさんの並び。

タカイさんのリードアウトで先頭に出る。

どうやっても普通にスプリントなら次男ブーさんにもっていかれてしまうので、シッティングでのロングスパートで勝負。

600~660Wで速度を上げる。

下げた頭で自分のバイク越しに後ろを確認。

ホイール1個かもうちょっとくらい離れているのを確認出来ましたが粘れず。

そのまま捲られて2着。

後方のワタナベさんとは距離があいていたので次男ブーさんと2人の状態にはもって行けてたみたいです。

ちなみにMax209bpm(汗)

各周の平均
①90rpm 100bpm 177W
②89rpm 176bpm 199W
③95rpm 188bpm 236W
④95rpm 194bpm 225W
⑤98rpm 194bpm 219W
⑥95rpm 194bpm 224W
⑦95rpm 193bpm 233W
⑧92rpm 191bpm 207W
⑨92rpm 193bpm 217W
⑩98rpm 199bpm 282W

全体
93rpm 181/209bpm 216/684W NP264W


1周目の心拍は多分計測ミス。



アフター練は無しで帰宅。

DSC_1363.JPG

この日は友人の結婚式でした。

新幹線で静岡まで移動します。


DSC_1364.JPG

5時間かけて静岡県にある三島駅へ。

名古屋駅での乗換でタオルを忘れてきてしまったこと以外は問題なし←

生憎の雨でしたが素晴らしい結婚式でした。

当然泊まりなんですがいつもの癖?でノンアルコール。

披露宴の会場にコーラが無かったのが残念でした。


二次会は三島駅近くの居酒屋へ。

高校のメンバー+新郎で盛り上がりました。(新婦は新婦友人の待つ別の駅へ)

披露宴でコーラが飲めなかった分はこちらで←



0時過ぎに居酒屋を出ました。

新婦がこちらに戻るまで新郎につきあうために三次会。

近くにあったラーメン屋へ。

しかし自分は食えそうになかったので餃子のみ注文。(納涼会の後に見た流れ)



DSC_1397.JPG

なんだかんだで寝たのは3時前くらい?

ちなみに自分の家が好きすぎてホテルに泊まったりするのはあんまり好きじゃないですね。


6時50分の新幹線をとっていたので5時半に起床。

かなり余裕で新幹線に乗り込む。

また名古屋で乗り換えないといけないので寝るのは我慢。


三島から各駅で名古屋に到着。

名古屋~博多行 のぞみに乗り換え。

ところが指定席に先客あり。

すいません、○のAですか?と聞いてみてけど相手のチケットも○のAで間違いない。

ん?と思ったがとりあえず席を離れる。

名古屋だろ?○のAだろ?号車もあってる…

8時50分発だろ?




時計を確認したら8時45分…

時空越えた?←



1本早いやつに乗ってしまったようです(汗)
 
幸い自由席も空いており、同じ駅に停車するので京都駅で乗り換えました。
(間違って乗ったのはのぞみ大阪行)

○のAも無事でした(笑)

名古屋から博多までがっつり寝れる予定でしたがこのせいで仮眠程度に。

6時間は長いな~と思っていましたが博多まで来ると新幹線とお別れするのが少し悲しかったです。


久留米に着いてイワイさんへ。

DSC_1402.JPG


DSC_1401.JPG

注文していたヘルメット(OGK KABUTO AERO R1)の引取に。

バイクに合わせて黒赤にしました。

風も強く雨も降ってきたので走行は無しです。


今週は朝練か夜練をやるつもりなのでそこで試してみたいと思います。

アンダーライブ2017九州シリーズ

10月16,17,18日に福岡国際センターで行われた乃木坂46 アンダーライブ全国ツアー2017 九州シリーズ 福岡公演に参戦してきました。

今回のライブは18枚目シングルのアンダーメンバーによるライブとなっています。

アンダーメンバーっていうのは非選抜のメンバーで、簡単に言うとMステとかに出てないメンバーですね。


皆さんご存知の通り今年は真夏の全国ツアーで福岡公演がありませんでした。

ちなみに夏は欅坂のライブに2日参戦しています。

今年は乃木坂のライブ無しか〜と思っていたところにアンダーライブ九州シリーズという朗報が。

福岡は3日間開催ということでどこか1日でも当たってくれ!と思い3日分抽選に申し込み。







DSC_1352~01.jpg

3日とも引き当てる←


沖縄前の大事な時期だが当たったものは仕方ない。

しっかり参戦してきました。



16日(月曜)
仕事終わりに高速に乗り込んで福岡へ。
出発が遅れたが渋滞もなかったので開演に数分の遅れで到着。

DSC_1353.JPG

DSC_1354.JPG

sketch-1508406265721.png

席はこの辺り。


客層ですが、選抜メンバーも参加する全体のライブは男女半々くらいの印象。
対してアンダーライブは男性8:女性2といったところ。
そして選抜組が出演しないにも関わらず参戦するくらいなので熱狂的なファンが多い。
当然ライブも熱い←
曲にあわせてオイッ!オイッ!オイッ!オイッ!という感じで声を出すのですが、オイッ!の前にウリャ!という掛け声が入ってました。
今までに乃木坂3回、欅坂2回の計5回ライブに参戦しているんですが初めて聞きました(汗)
ウリャ!を言う人とオイッ!を言う人は分かれています。
ウリャ!を言ってるのはかなり少数のエリートのみというのがすぐに分かったので自分はオイッ!側にまわります←
さてライブの方ですが、メンバーでは寺田蘭世、鈴木絢音の二人がよく目に入ってきました。
トロッコで近くを通ったんですが、明らかに選ばれし者でした(謎)





17日(火曜)

DSC_1357.JPG

たまたまこの日に免許更新をしようと思っていたので有給休暇をとっていました←
ライブの中日に狙って休みをとったわけではありません。
ちなみにゴールド免許になりました。


sketch-1508406309916.png

席はこの辺り。

DSC_1358.JPG

ステージから少し距離はありますが正面のいい席。
左隣の方がペンライトを振るでもなく、声を出すでもなく、ひたすら双眼鏡でステージを眺めていたのが印象的でした。
そしてこの日、というか3日間通して唯一残念な出来事が。
静まり返った良い雰囲気のMC中に「○○付き合って下さ〜い」と大声で叫ぶファンが。
ファンと書きましたがあんな奴はファンじゃありません。
ツイッターでかなり叩かれてました。
ライブ自体がかなり良かっただけに非常に残念でした。


DSC_1359.JPG

この日はブロックの最後列。
この写真の場所にトロッコが止まるんです。
この場所に、トロッコが、止まるんです(2回目)
完全に当たりの席でした。
今回のライブのダブルセンターの1人であるひめたん(中元日芽香)もトロッコに乗ってきたんですが、ひめたんはマジでひめたんでした←
ちなみにひめたんは年内限りで乃木坂の卒業が決まっています。
最後に近くで見れて良かったです。



18日(水曜)
福岡公演最終日。

sketch-1508406341266.png

渋滞で20分程度遅れてしまいました。
しかしその遅れを吹き飛ばすような出来事。
きいちゃん(北野日奈子)が3日目にして復活!
実は1日目、2日目は体調不良で欠席していたんです。
ようやくダブルセンター(ひめたん、きいちゃん)が揃いました。
そしてアンダー(曲名)に入る前のひめたんのセリフ読み。
モニターに映る潤んだようにも見えるその目を見てこちらもこみ上げるものが…
そこからアンコールまではあっという間でした。
完璧な流れ…
ペンライトの電池が切れなければ文句無しでした(泣)
残念すぎる…

アンコール終了後に一部で更にアンコールの掛け声が始まりました。
ただ残念ながらダブルアンコールとはいきませんでした。
この日はひめたんも体調が良くなかったみたいなので仕方ないですね。


3日間の参戦で腰がえらいことになってしまいましたが後悔はありません。
最高のライブでした。


そしてもう一つ。
ここまで全部読んだやつ0人説←

SUPERSIX

三連休で230㎞ほど走りましたので、簡単なインプレでも書いとこうかと思います。

インプレというよりは乗り慣れてきたときに最初はこうだったな~と思い出すためのメモみたいなものです。



10月6日(金) 納車

received_1144643392336574.jpeg

ちなみに1日遅れの自分への誕生日プレゼント←

写真の状態で6.86kg


【スペック】
フレーム:cannondale SUPERSIX EVO HI-MOD(サイズ:50)
ホイール:Campagnolo Bora one 35(TU)
タイヤ:specialized s-works turbo allround 2 tubular(24C)
ハンドル:cannondele C1 Compact(400mm)
ステム:cannondale C1(100㎜)
ヘッドパーツ:?
シフトレバー:Shimano ULTEGRA ST-8000
ブレーキ:Shimano ULTEGRA BR-8000
FD:Shimano ULTEGRA FD-8000
RD:Shimano ULTEGRA RD-8000
クランクセット:Shimano ULTEGRA FC-6800(34-50T)170㎜
スプロケット:Shimano ULTEGRA CS-6800(11-25T)
チェーン:?
ペダル:Shimano DURA-ACE PD-9000
サドル:Fizik ARIONE 00
シートポスト:cannondale save carbon
サイコン:Pioneer SGX-CA500
バーテープ:Fizik Superlight Classic Tape
BB:BB30A→Shimanoクランクに変換
パワーメーター:Pioneer ペダリングモニター SGY-PM910V




前のバイクからパワーメーター付きの旧アルテグラのクランク(FC-6800)を移植しています。

知らない方もいらっしゃるみたいなのでちょっと説明します。

パイオニアのパワーメーターは一度クランクに取り付けると外すことができません。

正確に言うと別のクランクに付け替えることが出来ないんです。


DSC_1329.JPG

実は新型アルテグラのクランク(FC-R8000)も購入しているんですが、こちらはリドレーの方に取り付けています。

パワーメーターをFC-6800からFC-R8000に移し替える事は出来ないんです。

なので現在、
キャノンデール⇒新型アルテグラ一式に旧型クランク
リドレー⇒旧型アルテグラ一式に新型クランク
という状態になっています。

いつになるか分かりませんが、新型クランクにパワーメーターをつけてコンポの型式を統一する予定です。


まずは平坦について。
納車の翌日に北野練に参加しています。
前のバイクとポジションを合わせてもらっているので最初に乗ってみた時も違和感は無し。
走り始めてゆっくり走る分には大きな変化は無いように感じました。
ある程度スピードを出せる道に出て少し踏んでみる。
まずは加速に驚きました。
36㎞/hまでなんの抵抗もなくスーッと上がる。
そこから37~40まではちょっときっかけを与えてやれば自分ではなくバイクが持っていくようなイメージ。
40以上の巡航も自分が踏んでいる以上にバイクが前に進もうとする。
40㎞/hをキープしようとしたときの脚へのダメージがまるで違いました。
ボーラを買った時によく進む、よく転がるという感想を持ちましたが、今回はそれ以上に進み方の違いを体感できました。
北野練では人の後ろにつくのが楽だという感覚はあんまり感じなかったつもりなんですが、脚を回すのを止める事が多かったです。
最終周までの脚を残すこともできたので自分の中では進むバイクだというのが一番の感想です。
その性能に心肺が追いつかず呼吸が苦しい場面が多かったのが少し残念でした。


続いて登りです。
その翌日にパラボラ朝練に参加しています。
先に率直な感想を書いておくと平坦ほどの進みやすさは感じませんでした。
特に前日の北野練で納車後初のライドにも関わらず気持ちよく走れたので、そのギャップで余計に進まない(登らない)という印象が強かったのかもしれません。
これについては慣れるしかありません。
フェニックス(リドレー)では3時から4時にかけて踏み込むのが自分の中でベストな登り方でした。
もっと言うと5時まで粘っても登ってくれます。(一般的に効率の良くないペダリング)
同じイメージで踏んでもスーパーシックスだと登ってくれませんでした。
ただ日曜と月曜で3000m弱登って少し分かってきました。
緩斜面をケイデンス高めで回している時に味わったことのない進み方がありました。
後ろから押されていると言うよりは前から引っ張られている感覚。
逆に斜度のキツい坂になると前よりもペダルに重さを感じるようになりました。
慣れるまではスプロケを25→28に変更しておくのありかもしれません。
踏んだ時に感じる重さ=バイクの剛性(硬さ)だとしたら…やはり慣れですね。

平坦も登りも効率の良いペダリングを意識するとよく進んでくれるような印象です。
踏むよりも蹴りだす方を意識すると良い感じでした。


それともうひとつ良かったのがカーブの曲がりやすさ。
自分は下りがアレなんでゆっくりではあるんですが、前よりも狙ったラインを通れるようになったと思います。
平坦も同様で、内側に倒れそうとか外側に吹っ飛びそうとかいうのがかなり少なくなった感覚です。
バイクの前後のウェイトのバランスが自分の中で
フェニックス 前3:後7 に対して、スーパーシックス 5:5
この辺が曲がりやすいと感じる要因なのかなと思っています。
理由はどうあれ曲がりやすいのでOK!


沖縄までにバイクに乗り慣れるためにできるだけ乗り込みたいところです。
特に斜度のキツい登りを気持ちよく進めるようになりたいですね。
posted by zono at 20:20Comment(0)日記