ストップ!ザ・イノシシ

DSC_0208.JPG

ストップ!ザ・イノシシ


当ブログはストップ!ザ・イノシシ運動を応援しています。

人々が安心して夜練できる環境を!



土曜の100㎞練の疲れがありますが日曜も練習します。

さーて回復走がてら2000mくらい登っかな~と家を出ます←


DSC_0206.JPG

まずは県道800(杉谷)

最後の区間以外はきつ過ぎず緩過ぎずなのでリカバリーでも使えます。

筋肉痛というわけではなかったけども脚が重い感じ。

最後までゆるーく流して休憩。


そのまま折り返してもう一本。

一本目よりは脚は回りました。



上陽へ下って県道70(逆かんかけ峠)

区間に入るまでの平坦、緩斜面がいつもよりきつく感じる。

区間スタートしてすぐはダンシング多めで誤魔化すように(^_^;)

ただ区間4.5㎞の後半は良い感じに入ってた。

DSC_0207.JPG

11月1日~11月30日まで通行止めのようです。

最近のお気に入りコースだったので残念(T_T)


補給して下りますが激寒…

たまらず途中で止まります。

汗が乾くのを待って下山再開。


上陽サーキット下で水の補充をしていると…


DSC_0208.JPG

でました!ストップ!ザ・イノシシ

上陽町、というかこの周辺限定かもしれませんがこういう人形がいくつかあります。



DSC_0209.JPG

その中でもこの柴尾さん(帽子に書いてあります)は力が入ってます。

スマホのカメラの顔識別機能が反応するレベルでした。
(撮影中に人の顔を判別して四角い枠で囲う機能)





柴尾勝昭(しばおかつあき)
上陽生まれ上陽育ち。
農業高校を卒業後、地元で農業を営んでいる。
イノシシの狩猟を始めるきっかけとなったのは20代の時だ。
上陽地区は山に囲まれておりイノシシに畑を荒らされるなど被害が絶えなかった。
柴尾さんの畑も例外ではなかった。
ネットを張るなど対策を講じてはいたがそれだけでは防ぎきれなかった。
試行錯誤の末、自作の罠を設置したところこれが効果大。
本来イノシシの狩猟(罠の設置を含む)には免許が必要である。
無許可ではあったが柴尾さんの罠は地元でも好評だったので噂を聞きつけた地区の猟友会から勧誘されるのに時間はかからなかった。
勧誘後、免許を取得し正式にイノシシの狩猟を始める。
罠だけではなく猟銃も使い始めた。
今でこそ地元では名の知れた猟銃使いだが初めからそうでは無かったという。
なかなか銃の腕が上がらない柴尾さんは当時のベテラン猟師からこんなことを言われたそうだ。
「お前はイノシシを殺そうとしてる。それじゃダメだ。」と。
最初は言っている意味が分からなかったがとにかく練習した。
すぐに上達はしなかったが少しずつ狩猟の腕は上がっていった。
あれから数十年経ったが未だにあの時の言葉の意味は分からないという。
「殺そうとしなきゃイノシシは殺せないよ。」柴尾さんはそう語る。

続く






ここから朧大橋まで登ってまたしても空腹に耐えれず食事。

DSC_0210.JPG


県道800から久留米へ下る。

もう一本杉谷を登れば獲得標高2000mに届きそうでしたが疲労よりも寒さが辛かったのでそのまま帰宅しました。


土日連続でガッツリ乗ったのは久々でした。

100%とは言えませんが良い感じに調子は上がってきてます。

あとは本番まで体調に気を使いつつ1㎏ほど減量できればOKかな。

100km練

沖縄対策で100km練してきました。

コースはいきあたりばったりですが100km、獲得標高2000mくらいになるように。

トイレとウェア(ウインドブレーカー)着脱時の写真撮影以外は休憩無し。

補給食も走行中のみ。


本番を想定してホイールはボーラに11-25Tをセット。

空気圧は前125bar、後130bar


補給食は本番の予定よりも少なめで

DSC_0205.JPG

アミノバイタル(パーフェクトエネルギー)✕1、スポーツようかんプラス✕1、カロリーメイト✕1

ドリンクにCCD 途中3割くらいまで減ったところに水を補充しました。


先ずは八女方面に。

飛形山を兼松ルートから一本。

後半の10〜12%の斜度が続く所は25Tではさすがに少し辛い。

DSC_0199.JPG

トイレ後にウインドブレーカーを着て下山。


796号線の軽い山越えで黒木へ。

この辺りから脚が暖まってくる。


442号線からグリーピア八女へ。

DSC_0201.JPG

最近では1番の感触の良さ。

久々に入ってた。


反対側に下って日向神ダムへ。

この時点で獲得標高1000mくらいだったが脚にきてる感じは無い。


杣の里で水を補充し57号線へ向かうが通行止め。

DSC_0202.JPG

少し前までは大型車のみ通行止めだったはずなのに…

折り返して矢部体育館裏から登るルートに変更。
(同じくらいの高度で先ほどの57に合流します)


DSC_0203.JPG

獲得標高1600mを超えて四頭筋に少しダメージあり。


下って52号線で上陽方面へ。

ラストは朧大橋まで。


DSC_0204.JPG

距離103km、獲得標高1900mでとりあえずゴール。

最後の方で脚はまだ残ってたけど疲労で追い込めず(;´Д`)


空腹でたまらず朧大橋のレストランで昼食。


80kmあたりから明確な空腹感があったのでスポーツようかんは多めにしよう。

カロリーメイトは腹はわりと満たされるけど練習用かな。



膝、腰ともに調子良し!

今日は気持ちも切れなかったので良かった( ´∀`)

疲れが残ってるので明日は回復走よりのロングにしようかと思います。


※今日の感じだと本番は25Tで良さそうです。

夜練(県道800、オレンジロード)

25日(火)アッキーと夜練の予定でしたが天気が怪しかったので集まらずに一人で走行

県道800(杉谷)へ

一ノ瀬公園から先はほとんどウェット(^_^;)

心拍を上げないように重めのギアで登りました。

スピード、タイムはあまり気にせずとにかく最後までたれない事を意識して。


最後の区間を何回かリピートしようと思ったんですが路面が・・・だったのでそのまま折り返し。


帰りは少しだけ遠回り。

信号から信号までダッシュする区間があるんですが、停止状態からの加速でレーゼロなら50出てる感覚でもゾンダでは46でした。

ただ35くらいまでならあまり違いは分かりません。

そこから40、45の伸びは圧倒的にレーゼロです。
(しかし脚にくる)




そして昨日 27日(木) ウヤ君、アッキーと3人で夜練

久々に3人で夜練です。

コースはオレンジロード(白木→山川、山川→白木)

標高280mくらいの峠を越えて戻ってくるので2本登ることになります。


夜練はいつも集合してからコースを決めます。

だいたい2つか3つくらいに候補を絞ってから提案します。

決定権はほぼ私にありますが(笑)


ウヤ「今日は何処へ?」

ゾノ「白木からオレンジロード登って・・・」

ウヤ「斜度は?」

アキ「(ストラバの区間を見ながら)3㎞、7%か」

ウヤ「死んだ(笑)」

ゾノ「反対側からも区間あるやろ?」

アキ「折り返してくると?」

ウヤ「はい死んだ(笑)」



いつもこんな感じですね。

今回は1本目登り終わってから言わずに、予め2本と伝えたのは優しさです←


八女から白木のスタート地点まで平坦や緩い登りで8㎞(そこそこ遠い)


DSC_0196.JPG

ちょっと休憩してスタート。

1本目はそれぞれのペースで。

半分過ぎたくらいからウヤ君が遅れ、7割くらいのところでアッキーも遅れ始める。

とりあえずこのまま一人でゴールまでと思ったら・・・


いました

イノシシです(-_-;)


ライト向けて逃げるまで一旦ストップ。

そのままアッキーを待ってゴールまで。

遅れてウヤ君もゴールするがなかなかきつそう。



悪いな、今日は2本なんだ(鬼)

休憩もそこそこに山川側へ下ります。

少し先行して下っていたんですが・・・




いました

イノシシです(-_-;) ←2回目



すぐ逃げてくれたのでそのまま下って山川側からのスタート地点へ。

2本目はウヤ君を先頭にペースを合わせて登ります。


置いていかれるのも辛いですが、後ろに張り付かれるのもプレッシャーなんですよね(^_^;)

自分とアッキーはできるだけ重いギアで。

ウヤ君は2本目ですが脚はよく回っていました。

途中2回くらいたれるか?という場面がありましたが最後までフォーム崩さずに耐えました。

後ろから追われてるというプレッシャーには強いみたいです。

どうやら一人の時は気持ちの方が切れてるようですね…メンタル面もいじめ鍛えねばいけません←


あとは来た道を戻って解散です。


さて今週の土日は天気良さそうです!

明日はボーラに25Tをつけてテストがてらそこそこ追い込みたいと思います。