第三回 椿ヶ鼻ヒルクライムレース

椿ヶ鼻ヒルクライムレース無事に終わりました。


去年はギリギリに会場入りでアップができなかったので今年は余裕を持って到着。


DSC_1112.JPG


パラボラの皆さんや店長さん達に挨拶しウヤ君、アッキーと合流。


駐車場周辺を心拍を上げるように軽くアップ。

会場に戻るとすでに点呼が終わっていた(笑)


DSC_1114.JPG



DSC_1116.JPG


スタート直前、緊張はしていなかった。


DSC_1120.JPG


写真をとる余裕もあり。



短いパレードランのあとスタート。

B、C、Dクラスが同組です。

Bクラスは自分と川○くん。

CクラスはドM田さん。

DクラスはM本さん。


スタート直後からトンネルまでのキツい登り。

慌ててはいけないが少しづつ集団の前へと上がっていく。

川○君の前に出てM本さんの後方につく。

M本さんについていくことができれば上位は間違いないと考えながら進んでいく。


トンネルの段階ではそれほど集団は少なくなっていない。


トンネルを抜けてダム平坦区間へ。

集団が一列になり7番目くらいにつける。

上手いこと列車に乗れたので良かった。

平坦区間の速度は45キロくらい出ていました。
(これ以降サイコンは一切見ていません)


先頭集団のまま平坦をクリアし再び登りへ。

斜度は緩いが少しづつ人数が減っていく。

中間地点(JAのガソリンスタンド)よりも前で10人以下だったかな。

3クラスで10人なのでこのままいけば入賞は間違いない。


束の間の平坦区間。

給水ポイントを過ぎたところで先頭集団は5人(だったと思う)

自分、M本さん、黄色?っぽいジャージの方、同じクラスではない方がもう2人くらい。

Bクラスは自分だけのようだ。

ただ後ろとは決定的な差には至っていない。


脚は問題ないがオーバーペースで心肺が辛い。



少し長い登りへ。

Dクラスの方が1人抜け出す。

M本さんから「行け!」と言ってもらったがこれ以上は心肺が最後まで持ちそうになかった。

そのまま先頭集団は散り散りに。


メンタル的に辛いところでBクラスから1人抜かれる。

抜き返すが別のBクラスの方に抜かれる。

平坦に入る前に抜き返し恐らくクラストップに。


ここからラストの激坂区間。

さっきの2人に抜かれてしまい3番目に。


そのうち1人はずっと下ハンを握って踏み込む登り方だった。

自分とは真逆のタイプだ。

その方法が速いというのは分かるがこのコースでやるか?!

いや、その走り方でトップに残ってる。

このままゴールまで行くんだろうか、と思ってるうちにジリジリ差が開く。

ダンシングで粘るが前方の2人の背中は小さくなる。


後ろにBクラスの気配はない。

完走出来れば3位に入れる。

そんな甘い事を考え始めた。



「山ピー!!」

キツい坂の上の方からゾノさん(女性)の声援。

それを聞いてレースを捨てれるわけがない。

FB_IMG_1469959398188.jpg

写真も撮っていただいた。


その少し先ではウヤ君の奥さんからも声援をもらった。


前方の2人は?バラけている!

1人は既に追えない距離だがもう1人は捕まえられそうだ。

ゴールまで300メートルほど。

一気に抜くか!?


いや、まだ早い。

こちらの存在に気づかれないように後方につく。

この水玉ジャージを何度も見せている。

目に入れば当然逃げるだろう。


ゴール前の細い道に入るところで右斜め後ろに位置取り。

相手が左側から後ろを確認した。

このタイミングだ!

ギアを2つ上げてとにかくブン回す!

この距離ならゴールまでもつ。


抜き去った直後、相手から「くそーーー!!」という叫び声。


ゴール直前のカーブでVC-Fukuokaの皆さんが列になって応援していた。

「パラボラ頑張れ!」と声をかけて頂きました。


減速せずそのままゴールへ飛び込む。





体育館で食事をとりリザルト発表、表彰式を待つ。


DSC_1122.JPG

出走クラス順に表彰が行われる。



そして男子Bクラス。


FB_IMG_1469959449364.jpg


1469937627100.jpg


結果は第二位でした!!

7月の山、山、山というトレーニングが報われた。

この大会に照準をあわせていたので本当に良かった。



入賞者は、

ドM田さん→Cクラス五位

M本さん→Dクラス三位

ぐちけんさん→Fクラス二位



さて、ツールド沖縄という新たな目標ができたのでさらに頑張らないといけませんがさすがに少し休息をいれたいですね^_^;

苦手な平坦も頑張らないといけませんので一旦やる気をチャージしたいと思います。


椿ヶ鼻参加された方お疲れ様でした!

応援ありがとうごさいました!


screenshotshare_20160731_200933.jpg




第3回のリザルトはこちら(日田市公式ウェブサイト)

椿ヶ鼻前日!

29日(金)は休みにしました。

本日ですが、明日に備えて軽めというか踏まないようにしました。

なので北野朝練はお休み…のつもりでしたが△さんが新車の納車で久留米に帰ってきており北野も参加されるという事だったので顔を出してきました。


申し訳程度に走ったあと写真を何枚か。

DSC_1097.JPG


DSC_1100.JPG



マシンの性能は大幅アップだが何か色々あってプラマイでいうとマイナスらしいです(謎)


さらに今日はマナブさんとも初めてお会いしました!


DSC_1098.JPG


箱学ジャージを着てくれば良かったな〜(;´Д`)




その後マック練。

ツールド沖縄の話になっていろいろ聞いてたら急に、本当に急に出たくなりました。

140kmにエントリーするつもりです。


英彦山のエントリーをし損なったので椿ヶ鼻後の目標にしたいと思います。

今月は椿ヶ鼻オンリーで練習してきたので来月からは平坦やロングも頑張らねばなりませんね。



さて、マック練の後は高良大社まで。

Wダくん、Aゾノくんの後ろについて踏まないように踏まないように…

後ろからの見てたらWダくんは最後までアウター、Aゾノくんも終盤までアウターでした。

自分はガード下スタートの時点でインナーローで斜度によって2〜3枚あげました。

踏まないようにと思っていましたが18カーブ手前の平坦からのクイッと登るところで我慢できず…

と言っても踏まずにケイデンスで。

まあ心肺はいい感じに上がったかと思います。


DSC_1104.JPG


DSC_1105.JPG

最近恒例となりつつあるかき氷休憩。






DSC_1106.JPG

△さんが偶然座ったベンチとチームジャージか目を疑うほどマッチしており思わず一枚(笑)
(スポンサーか?)



DSC_1107.JPG

イワイさん、東京庵の流れから解散しました。

△さんともまたしばらくお別れですね。
(なんだかんだそのうち会いそうな気もしますが)




帰宅後明日の準備。

レースに必要ないものを取り外します。

DSC_1108.JPG

ライトは必要ありません。

しかしライトがないとこのマウントを必要なくなるわけで…



DSC_1109.JPG

レースのためにキャットアイのマウントを購入!

見やすさそのままで大幅軽量化。




DSC_1110.JPG

ボトルケージ、ポンプも必要無し!


DSC_1111.JPG



さらにサドルバッグ(工具、チューブ等)も外します。


外した物の総重量はピッタリ1kgでした。


ライダー側はカーボローディングでどか食いしたんですがそれでも53kg台をキープ。

体調も良し。

やれることはやりました。

コース変更でえげつない事になってるみたいですが自分の力を出し切るのみ!!

夜練(パラボラ〜広川ダム)

脚は使わず心肺トレーニングのために高良山でインターバル練…のつもりでした。


高良大社まではアップでゆったりと。

今週米を食ってないせいか家を出た直後からあまり踏めない感じ。


大社に来た頃にはいい感じになってました。


ここから大社裏を2〜3本のつもりでしたが1本目気合を入れすぎたせいでバテる(笑)

そこから引き返す方が辛かったのでそのままダラダラと耳納平まで。

疲れをためないようにゆるーく登ってラストの区間はケイデンス重視でベスト更新!


DSC_1093.JPG




上陽へ下り広川ダム経由で帰宅。

DSC_1094.JPG

アイス休憩も忘れずに(笑)